プジョー207始まりはO/H    警告灯点灯 結末|PEUGEOT, 修理・車検|RS-UNO – CITROEN、PEUGEOT、RENAULTをメインにメンテナンスや修理を行うスペシャルショップ<

Blog Services Company Used Car
Blog
プジョー207始まりはO/H    警告灯点灯 結末

2017/09/20    投稿者 : rs-admin

ブログカテゴリ : PEUGEOT, 修理・車検

s_P5192246

解決できない207の結末です。

もちろん治りましたよ。(執念)

プジョー207始まりはO/H警告灯点灯 3

一からやり直すとE/Gルーム内のフューズBOXの15Aフューズが切れていました。
最近診断機に頼り過ぎです。

基本に戻ろう。

IGオンでフューズが飛びます。

配線図とニラメッコですが、この15Aの行き先を辿るとECU(コンピューター)です。
ここからは該当するカプラーから配線を1本づづ辿って断線、ショートの確認作業です。

s_P8122768

と言ってもここからは忍耐との葛藤です。
地道な仕事は余り好きじゃないので・・(笑)

これに時間を相当とられました。

s_P8122772

s_P8122774

やっと原因発見!!

インテークマニフォールドにブローバイホースが接続されているのですが、この根元に
2極の配線がカプラーで接続されています。

この配線の取り回しが悪く、カプラーの根元から90℃曲がって下に下りて行きます。

s_P8122771

プジョー207始まりはO/H    警告灯点灯 結末

これが外した配線です。

被膜が向けて線が裸になっていて、+側の線がエンジンブロックに接触してショート
していました。

s_P8192786

上がオニューのブローバイホースです。
差し込み口の形状とカプラーが入る口の位置が変更されていました。

この問題はメーカーも把握していると言う事でしょう。

プジョー207始まりはO/H    警告灯点灯 結末

配線を修理して元に組み上げて、これで解決すると思ったら問屋が卸しませんでした。

このブローバイホースはヒーターが入っていてそれを作動させる配線です。
ヒーターの良否判定をせず元に戻した付けが返って来ました。

とはいってもヒーターの抵抗値も判らず新品部品を注文、そこで又試練が・・・
この207は車台番号からヒーターが付かない仕様で、取り寄せた部品はカプラーの
接続部が無い物でした。(写真は再注文したホースです)

プジョー・シトロエンジャポン曰くヒーター付は寒冷地仕様車なので日本仕様では無い
との事。

何て言われても付いているので、付いているブローバイを送ってちょうだいとお願い
しました。

長期格闘しましたが、やっとお客様にお返しできました。